◇◆◇ 長期暴露タイプ ◇◆◇
従来の耐熱塗料は塗装後、常温で長期間屋外に暴露されていると耐食性が低下します。 長期暴
露タイプはこの欠点を防ぎ長期間の常温暴露に耐えた後で熱が加わっても高い防食性と耐熱性を
示す塗料です。 塗装システムにより、塗装後1年間屋外暴露できるものもあります。
特長
●100℃~600℃の温度使用に耐えられます。
●加熱前の常温、耐食性がすぐれています。
●一液性で、刷毛、スプレー塗りいずれも作業性が良好です。
用途
塗装後加熱まで時間のかかる各種プラント、輸出用設備類。
荷姿
15kg.4kg(専用シンナーは16L、4L )
商品内容
耐熱温度 商品名 色調 乾燥膜厚 希釈率(重量%) 標準使用量(/㎡) 塗装間隔(20℃)
μm/回 刷毛塗り 吹付塗り 刷毛塗り 吹付塗り 最短時間 最長時間
100℃まで SL-100 プライマー グレー、赤錆 20μm 5~10 5~20 0.15kg 0.20kg 4時間以上 30日以内
SL-100 上塗シルバー シルバー 10μm 0~3 0~3 0.11kg 0.16kg
SL-100 上塗 指定各色 20μm 5~10 5~20 0.15kg 0.20kg
200℃まで SL-200 プライマー グレー、赤錆 20μm 5~10 5~20 0.15kg 0.20kg 4時間以上 30日以内
SL-200 上塗シルバー シルバー 10μm 0~3 0~3 0.11kg 0.16kg
SL-200 上塗 指定各色 20μm 5~10 5~20 0.15kg 0.20kg
300℃まで SL-300 プライマー グレー、赤錆 20μm 5~10 5~20 0.15kg 0.20kg 4時間以上 30日以内
SL-300 上塗シルバー シルバー 10μm 0~3 0~3 0.11kg 0.16kg
SL-300 上塗 指定各色 20μm 5~10 5~20 0.15kg 0.20kg
400℃まで SL-400 プライマー グレー、赤錆 20μm 5~10 5~20 0.15kg 0.20kg 4時間以上 30日以内
SL-400 上塗シルバー シルバー 10μm 0~3 0~3 0.11kg 0.16kg
SL-400 上塗 指定各色 20μm 5~10 5~20 0.15kg 0.20kg
600℃まで SL-600 プライマー グレー、赤錆 20μm 5~10 5~20 0.15kg 0.20kg 4時間以上 30日以内
SL-600 上塗シルバー シルバー 10μm 0~3 0~3 0.11kg 0.16kg
SL-600 上塗 指定各色 20μm 5~10 5~20 0.15kg 0.20kg
※S-400、S-600の調色については色調により限定される場合があります。
※希釈はSLシンナーを使用してください。




長期暴露タイプ、重防食タイプ品塗装での注意事項
素地調整について:素材表面の油分はシンナーで拭き取り、ISO Sa2.5以上のブラスト処理を行なってください。ブラスト処理が不可能な場合は、サンダー等の動力工具を使用して、黒皮、旧塗膜、錆等の異物を完全に除去し、ISO St3.0以上の処理を行なってください。素地調査後エアーブロー等により、入念に表面の埃等を掃除し、直ちに下塗りを行なって下さい。
気温5℃以下あるいは湿度85%以上では塗装しないでください。
下塗り1層目は、素地となじみを向上させるために、刷毛塗りをおすすめします。
塗装間隔(インターバル)オーバーとなった場合はサンドペーパーで全面目あらし後に塗装してください。
塗料の使用量は、被塗物の形状や表面状態、塗装条件によって増減する事があります。
塗料は開缶後、容器の底の沈殿物を確認のうえ均一になるまでよく攪拌混合してください。
保管は密閉して通風のよい危険物倉庫に火気厳禁で保管してください。


◇◆◇ 重防食タイプ ◇◆◇
重防食使用の焼却炉
耐熱塗料の重防食塗料で、ステンレス箔を含有したもの、有機樹脂に亜鉛末を含有したもの、
無機バインダーに亜鉛末を含有したもの等があり、スタンダード品に比べ、耐候性、耐食性が
向上した耐熱塗料です。 塗料の組み合わせにより、耐久性に変化があり、この仕様の決定には
必ず、当社営業担当までご相談ください。
<ステンレス箔耐熱塗料>
特長
スーパーディフェンスはステンレス箔を含有した上塗り塗料です。色は限定されますが、
耐食性・耐塩害性・耐衝撃性・耐摩耗性が優れており、各種プラント外面用に最適です。
下塗りは要求事項に合わせた当社下塗りを選定使用してください。
荷姿
15kg.4kg(専用シンナーは16L、4L )
商品内容
耐熱温度 商品名 色調 乾燥膜厚 希釈率(重量%) 標準使用量(/㎡) 塗装間隔(20℃)
μm/回 刷毛塗り 吹付塗り 刷毛塗り 吹付塗り 最短時間 最長時間
300℃まで スーパーディフェンス SD-300 シルバーグレー 20μm 5~10 5~20 0.15kg 0.20kg 4時間以上 30日以内
600℃まで スーパーディフェンス SD-650 シルバーグレー 20μm 5~10 5~20 0.15kg 0.20kg 4時間以上 30日以内
※下塗りに関しては、各種要求要件により変わりますので選定には当社営業員までご相談ください。
※希釈は専用シンナーを使用してください。


SD-300を塗装した煙突 SLZ-1300Nプライマを塗布したダクト

<有機樹脂、亜鉛末含有耐熱塗料プライマー>
特長
エポキシ変性シリコーン樹脂、シリコーン樹脂に金属亜鉛末を分散させた高耐食性の耐熱塗料用のプライマーです。
●この塗料は重防食用のプライマーとして当社上塗りの選択性が広く各種上塗りが使用できます。
●SLZは一液変性エポキシジンクプライマーであり、特に耐塩害性が優れています。
用途
高度な耐食性、耐久性が要求される屋外プラン卜機器類。
荷姿
16kg, 4kg (専用シンナーは16L, 4L)
 ※S- 600プライマーZ は15kg, 4kg
商品内容
耐熱温度 商品名 色調 乾燥膜厚 希釈率(重量%) 標準使用量(/㎡) 塗装間隔(20℃)
μm/回 刷毛塗り 吹付塗り 刷毛塗り 吹付塗り 最短時間 最長時間
250℃まで SLZ-900 プライマー グレー 20μm 5~10 10~20 0.20kg 0.25kg 24時間以上 60日以内
350℃まで SLZ-1100 プライマー グレー 20μm 5~10 10~20 0.20kg 0.25kg 24時間以上 60日以内
450℃まで SLZ-1300N プライマー グレー 30μm 5~10 10~20 0.25kg 0.33kg 24時間以上 60日以内
600℃まで S-600 プライマーZ グレー 20μm 5~10 5~20 0.16kg 0.22kg 4時間以上 60日以内
※希釈はSLZ、各専用シンナーを使用してください。


<無機バインダー亜鉛末含有タイプとその上塗り>
特長
SZ-1200は二液型耐熱無機ジンクリッチ厚膜型プライマーで当社の耐熱塗料重防食仕様で最大の耐食性のある
ものです。耐熱性としては400℃までの使用可能です。中塗り・上塗りは専用のSZ-250、SZ-400を塗装します。
荷姿
SZ-1200 : 24 kgセット
SZ- 250、 SZ- 400 : 15Kg, 4Kg (専用シンナーは16L, 4 L)
商品内容
耐熱温度 商品名 色調 乾燥膜厚 希釈率(重量%) 標準使用量(/㎡) 塗装間隔(20℃)
μm/回 刷毛塗り 吹付塗り 刷毛塗り 吹付塗り 最短時間 最長時間
400℃まで SZ-1200 プライマー グレー 75μm - 0~5 - 0.70kg 48時間以上 6か月以内
250℃まで SZ-250 プライマー グレー 20μm 5~10 10~20 0.15kg 0.20kg 4時間以上 7日以内
SZ-250 上塗 シルバー 10μm 0~3 0~3 0.11kg 0.16kg 4時間以上 7日以内
指定各色 20μm 5~10 10~20 0.15kg 0.20kg 4時間以上 7日以内
400℃まで SZ-400 プライマー グレー 20μm 5~10 10~20 0.15kg 0.20kg 4時間以上 7日以内
SZ-400 上塗 シルバー 10μm 0~3 0~3 0.11kg 0.16kg 4時間以上 7日以内
指定各色 20μm 5~10 10~20 0.15kg 0.20kg 4時間以上 7日以内
※希釈にはSZ-1200はSZ-1200シンナーを、SZ-250及びSZ-400はSZシンナー使用してください。



◆◆ 耐熱無機ジンクリッチペイントSZ-1200について ◆◆
  防錆力が極めて優れている無機質系ジンクリッチペイントです。乾燥が速く、塗装後約60分で水に不溶となります。 塗装条件幅が広く5℃以上の気温で湿度が50%-95%の雰囲気でも塗装が可能です。


SZ-1200の性状
混合後の
可使時間
5℃ 12時間
10℃ 10時間
20℃ 8時間
30℃ 5時間
乾燥時間
(歩行可能時間)
5℃ 24時間
10℃ 20時間
20℃ 18時間
30℃ 12時間
乾燥膜厚 75μm
標準使用量 0.7kg/㎡
希釈率 5℃ 3~10%
10℃ 0~7%
20℃ 0~5%
30℃ 0~5%
◆◆ SZ-1200の施工要領 ◆◆
  素地調整
    ジンクリッチプライマー及びペイントは直接素地の鉄面に接触させる事によって、その防錆作用を発揮させるものであるため、完全な素地調整が必要です。また亜鉛末が多く、樹脂分の少ない塗料である為、鉄表面にアラサをつけることが必要です。その為素地調整はブラスト処理が必要です。
  塗料の調整
    亜鉛末を加える前に主剤を攪拌して均一にし、さらに攪拌しながら亜鉛末を少しずつ加えて混合均一にしてから60メッシュ程度の金網で濾過してください。亜鉛末は沈殿しやすいので塗装中も絶えず攪拌を続けて下さい。
  ミストコート
    無機ジンク塗装後、次工程の塗料を30~40%希釈したものでミストコートしてください。
  塗装された鋼板の保護・貯蔵
    塗装した塗膜は屋外に置く事により早く硬化しますが、屋外で塗膜上に水分が長期間かかると、白錆が発生してきます。 この白錆の発生を出来る限り抑えるように養生願います。 白錆の上に塗装すると密着不良の要因となりますので、白錆が発生した場合は、サンドペーパー、マジクロン等で塗膜を研磨し表面の白錆を除去して塗装に入ってください。
 





   
     
     
SZ-1200を塗装した煙突